technical-drawing-2030247.jpg

製図用紙の種類
~型取りフィルム~

1.型取りフィルムの基本情報

型取りとは、複製品という意味も持ち、主に鉄構業界で使用されているフィルムです。

実際に鉄鋼部品と同じサイズ・仕様のものを用意して、現物を見なくてもわかるように製品と合わせて納品する、またはボルト位置を合わせる際に使用するといった用途で使われます。

フィルムの素材は、PETフィルムであり、筆記性を持たすためのコート剤が表面に塗布されています。これは図面・設計図を扱うため、伸縮等が起こらず正確な図面を作成するためです。ただし印刷適正はないため、ペンプロッターや手書きでの書込み専用となります。

このペンプロッター(カッティングプロッター)用では、さらに「縦型プロッター」と「フラットベッドプロッター」の2種に分類されます。

※この用途ごとの説明は下記にある使用用途で説明されております。

データ化されている現代でも、階段図面など実際に用意をした方がわかりやすいこともあり、まだまだプロッターを採用し、運用している企業は少なくありません。

 
2.型取りフィルムの選び方

使用用途

フラットベットプロッター

造船業などでよく使用されています。

原寸場

フィルムを広げて手書きで書き込みます。

縦型ペンプロッター

鉄工所やシャーリング業でよく使用されています。

スプロケット(軸穴加工)が必要なタイプが多い。ガセットやスプライスプレートなどの鉄鋼部品の型取り、プロッターの性能によっては長尺となる階段図面の作画をすることがあります。穴なしフィルムはアパレル関係の業界で使用されています。

型取りフィルムビューレックスプロッターVRX1000

ビューレックスプロッター

VRX1000

サイズ・幅(mm M)

サイズ・幅によって用途が異なります。

1200㎜以上は基本的に原寸場やフラットベットプロッター用途で使用されます。

933㎜以下は縦型ペンプロッター用途で使用されます。

紙管のサイズ(インチ)

使用されている機械によって異なりますので、機械メーカーを確認したうえでご検討ください。

1インチ:「グラフテック製向け」、「桜井製向け」

2インチ:「武藤工業製向け」、「吉田鉄工製向け」、「桜井製向け」

3インチ:「グラフテック製向け」

スプロケットの有無(軸穴加工)

​寸法精度を忠実に再現するためにスプロケットが必要となります。

精度のよいものほど、紙管外れなど起きることなくスムーズに使用することができる。

スプロケット(軸穴加工)が必要な場合、穴精度が重要となり、穴精度が良くないと機械が止まってしまうなど非効率な動きとなってしまいます。

型取りフィルムのスプロケット

コーティング

筆記性を向上されるため表面にコーティングが施されていますが、基本的に片面のみとなっております。そのため、内巻きと外巻きで用途が分かれます。手書きの場合はコーティング面が内巻きの製品が推奨されます。転がしながら広げることができるためです。一方、プロッターで書き込む際はコーティング面が外巻きの製品をご使用ください。プロッターの構造上、外面に書き込むためコーティングが施されていない場合、筆記精度が落ちます。

 
3.型取りフィルムの使用場面

橋梁・造船図面・設計図:造船業

階段図面・設計図:鉄鋼業

建築部品図面・設計図:鉄鋼業、シャーリング業

洋服型紙作製:アパレル業

型取りフィルムの使用場面。設計図・洋服型紙など
豊富なラインナップ。商品一覧はこちら。
坪量や厚みって?語句解説はこちら。
サイズごとの用途を知りたい。使用例はこちら。
商品について・資料請求はこちら。お問い合わせフォーム