• sakurai-column

不満を解消!薄紙管ロール紙

更新日:3 日前

ロール紙を使った後に残る芯(紙管)で困ること、不満に感じることはないでしょうか?

今回はインクジェットロール紙の使用に伴う不満を解決する商品「普通紙64薄紙管」をご紹介します。


普通紙64薄紙管とは
ロール紙の芯の厚さが1mm。通常品から75%削減!

弊社桜井(株)が販売している「普通紙64薄紙管」は、芯の厚さが薄いインクジェットロール紙です。

通常品である「普通紙64」は芯の厚さが4mmのところ、「普通紙64薄紙管」は1mmと、4分の1の厚さとなっています。






「普通紙64(594mm×50m)」紙管比較

芯のタイプ

通常紙管

薄紙管

紙管厚み

4mm

1mm

紙管重量

310g

72g

製品外径

88mm

92mm

芯が1mmという薄さでできている「普通紙64薄紙管」ですが、芯が薄いことによって、多くのメリットがあります。


メリットその1 廃棄費用を削減!

捨てられるロール紙の芯を見て、「廃棄費用をもっと減らしたい」と思うことはありませんか?廃棄費用の査定が憂鬱ではありませんか?

廃棄費用は重量や体積で変わってきます。芯の体積は通常品と比べて約75%オフ!ごみの体積・重量を減らすことによって、薄紙管はお客様の費用削減をサポートします。


メリットその2 廃棄が楽々!

ロール紙を使った後に残る芯。捨てるのに苦労していないでしょうか。

芯は紙の重さに耐えられるよう、丈夫に作られています。

その分、重く硬くなっているため、芯を潰す・折る・運ぶなどの作業に力が必要です。

しかも、夏の暑さで汗をかきながら、冬の寒さで震えながらの作業ともなると、より辛い作業になります。

しかし、厚みを75%減らした薄紙管ではそんな心配はありません。

使用上問題のない強度を維持しながらも1mmという薄さの芯を採用した「普通紙64薄紙管」なら、数が多くても芯を潰して運ぶ作業が楽々とできます。


メリットその3 環境負荷低減!

世界的にSDGsが重要視され、企業として環境負荷低減への取り組みが求められています。

可燃ごみの排出量を4分の1にできる「普通紙64薄紙管」は、会社から出る産業廃棄物削減、CO2削減にも貢献します。


商品情報

普通紙64薄紙管

品番

規格

単位

USN64B​

594mm×50m 2インチ​ 64g/㎡

1ケース(2本)


いかがでしたでしょうか?

コスト・労力・環境負荷を軽減できる薄紙管タイプのインクジェットロール紙「普通紙64薄紙管」を使ってみませんか?

普通紙64薄紙管はこちらでご購入できます。ぜひご覧ください。

桜井(株)通販サイト「SAKURAI DirectShop」


#普通紙 #薄紙管 #費用削減 #SDGs #CO2削減


閲覧数:28回