technical-drawing-2030247.jpg

製図用紙の種類
~合成紙~

1.合成紙の基本情報

合成紙とは、化学パルプを使用せず、石油から作られる合成樹脂を主原料とした用紙です。

ユポコーポレーション社が商標を取得しているブランド名で「ユポ」と呼ばれることも多くあります。

表面はしっとりとしており、紙の部類ではあるものの手で破くことが難しいほどの強度、短期的であればラミネート不要で屋外掲示も可能なほどの耐水性があります。

その性質から図面用紙を現場へ持ち出す用途や、ポスターとして屋外に掲示する用途に適しています。

木材パルプから代わる新しい用紙として誕生した合成紙ですが、耐久性がある一方で熱に弱いためレーザープリンターでの印刷が苦手となります。※一部プロダクション向けレーザープリンターなど対応可能な場合もあります。

高熱を受けた際にプリンター内部で溶けてしまう恐れがあうため、基本的にはインクジェットプリンターでの印刷となります。

 
2.合成紙の選び方

用紙品質

合成紙といっても商品によって印刷結果が異なる場合があります。

その原因となるのは、用紙表面のインクの吸収性(受理層です。

安価な合成紙の場合、コストを抑える代わりに品質を落としています。

設計図などの細かい線や文字を印刷する際、にじみの発生や印刷が薄いといった問題は成果品を使用する上で好ましくありません。

コスト、品質、コストと品質のバランスのどれを重視するかによって適切な合成紙がかわります。

合成紙の選び方

用途

耐水性を求められる屋外への持ち出す図面等の印刷に使います。屋内で使用する場合は普通紙や再生紙、マットコート紙を使用することでコストを抑えることができます。

 
3.合成紙の使用場面

屋外現場に持ち出す図面用途:鉄鋼会社、建築会社、官公庁など

合成紙の使用場面。屋外現場に持ち出す図面。
 
4.合成紙に関するあれこれ(Q&A)

プロダクション向けカラーレーザープリンターなら印刷できるの?

低温印刷などの条件を抑えることが必要となりますが、機械破損リスクがあるため一般的には推奨されていません。

豊富なラインナップ。商品一覧はこちら。
坪量や厚みって?語句解説はこちら。
サイズごとの用途を知りたい。使用例はこちら。
商品について・資料請求はこちら。お問い合わせフォーム